教育学概論



2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



 課題1
「教育(学)者の思想・・・古今東西の教育学者、教育思想家、また教育実践家を1人とりあげ、その人の思想や実践について述べ、さらにそれに対するあなたの意見を述べなさい。」

 これ、要注意です。「古今東西」と書いてあるので、ペスタロッチ、ルソー、フレーベル、モンテッソーリ等の日本人以外の研究者を取り上げてもいいわけですが。。。。。。

 過去問研究をしていて、気がついてしまったんです!
----------------------------------------
2004.9
1.日本の教育思想家を1人取り上げ、その教育思想の特徴について述べなさい。
2005.5
1.近代日本の教育思想家あるいは実践家を1人取り上げ、その思想・実践について述べなさい。(2002.9)
-----------------------------------------

 科目終了試験には日本の教育思想家・実践家に関して述べよという問題はあっても、海外の教育思想家に関して述べよという問題はいまだかつて出題されていません。(過去5年間)

 今後出題されるかもしれないですが、可能性としては低いですよね。

 ということで、リポートの時点で日本の教育思想家・実践家を取り上げておいたほうが無難かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ= - ジャンル=



課題1
構成
1.倉橋の教育(保育)思想
 1.1 序論
 1.2 幼児のさながらの生活
 1.3 幼児生活の自己充実(自由・設備)
 1.4 幼児生活の充実指導
 1.5 幼児生活の誘導
 1.6 幼児生活の教導
2.倉橋の教育(保育)思想に関する考察

 倉橋は、フレーベル保育を基盤としながらも独自の保育理論を展開しました。

 彼の考える幼稚園の真諦とは、「子どもが真にそのさながらで生きて動いているところの生活をそのままにしておいて、それへ幼稚園を順応させていく」ことを目指すものでした。

 著書幼稚園真諦の中で彼は、子どもの生活自体には特別の臭みはないが、幼稚園へ入れられると幼稚園くさくなると嘆いています。それだけ子どもの生活に幼稚園が即してないということでしょう。

 そこで彼は「出張保育」なるものを理想の1つとして挙げています。これは芝生に子ども達が集まって遊んでいたら、そこに保育者が赴いていき教育をするというように、子どもの真の生活形態を壊さずに教育を行うというものです。

 「子どもと青空と野原があれば保育はできる。

 倉橋の言葉です。この一言に彼の思想は集約されていると私は思います。


リポートで使用した参考文献
幼稚園真諦
育てられた心―倉橋惣三先生との、日常のふれ合いから学んだもの
社会で子どもを育てる
子供讃歌
倉橋惣三その人と思想
 
 

テーマ= - ジャンル=



課題1
「教育(学)者の思想・・・古今東西の教育学者、教育思想家、また教育実践家を1人とりあげ、その人の思想や実践について述べ、さらにそれに対するあなたの意見を述べなさい。」

 西洋の教育者に関しては既に勉強済みだったので、倉橋惣三を取り上げました。このリポートもA+の評価を頂きました。

 倉橋先生は、東京女子師範大学付属幼稚園(日本で一番最初の幼稚園)の主事を務められた方です。

 「生活を生活で生活へ」という言葉を耳にされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?彼は子どもの生活と遊びを中心とした独自の保育理論を展開しました。

 彼の「環境」や「生活」の重要性を強調した保育理論は、現在の保育所保育指針幼稚園教育要領の基本的な考え方に大きな影響を与えています。

 次の回では倉橋の保育理論に少し触れてみたいと思います。
 

テーマ= - ジャンル=





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。