発達心理学



2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ= - ジャンル=



発達心理学 過去問

発達心理学 過去問
2005.5
1.身体機能の発達と社会性の発達
2.自己の発達について説明すること。中に「20答法」を必ず含ませること。

2005.1
1.2004.1と同じ
2.あなたが「これはよい!」と思われる発達心理学の試験問題を3題作ってください。そして、その中の1題について解答してください。

2004.11
1.人間の身体発達の特殊性と社会性の発達との関連性につき、具体的な例を引きながら説明すること。
2.愛着について説明すること。その際、愛着の測定法についても、必ず触れること。

» 続きへ
スポンサーサイト

テーマ= - ジャンル=



 課題4②「障害児・者とともに生きるということ、理解し合うとはどのようなことか論述すること。」

 このリポートの中でインクルージョンという発想の重要性に関して触れました。

インテグレーションとインクルージョンの違いを皆さんはご存知でしょうか?そもそもインテグレーション、インクルージョンという言葉を聞いたことはありますか・

 インテグレーションというのは統合教育・保育のことです。インテグレーションという発想とは、既存の学級集団に障害児を迎え入れるという発想のことを指します。(つまり障害を持たない子ども達の集団に障害児を入れるということ。)

 インクルージョンというのは「包括教育・保育」のことです。ちょっとイメージしづらいですね。インクルージョンの発想とかインクルージョンの考えに関して少しご説明すれば、イメージしやすくなるかもしれません。
 
 インクルージョンの発想とは、そもそもある地域に居住する子ども集団には、十人十色様々な子どもが包摂されているので、この全ての子どもに違いを認め、それぞれに対応しうるような教育作り、学校づくりをしていこうというものです。

 このインクルージョンの考えに立てば、子ども集団のなかに障害を持つ子ども=「特別の教育的ニーズ」を持つ子どもがいるというのは初めから前提にされています。

 インテグレーション、インクルージョンという発想は根本的なところに大きな違いがあります。現状では、インクルージョン社会を実現させることはまだまだ難しいですが、人々や行政側の意識は本来インクルージョンの思想に基づくものであるべきだと私は考えています。

テーマ= - ジャンル=



 リポートはF先生のコメント付きで返ってきます。minaさん、ファイトー!

 課題4②
「障害児・者とともに生きるということ、理解し合うとはどのようなことか論述すること。」

 評価はA+を頂きました。

 このリポートは章立てせずに書きました。私は既に保育職に従事しており、保育者1年目の時に自閉症のお子さんを担当させていただいたため、このテーマには非常に関心がありました。

 その1年間で感じたこと、勉強したことを書きました。

 このリポートの内容を簡単に書いてしまうと、私が本来主張したかったことの真意が伝わらない場合がありますので、内容に関しては公開を差し控えさせていただきます。
 
 参考文献だけ挙げておきます。

参考文献
マニュアル障害児のインクルージョン―地域の学校でいっしょに学ぶ
マニュアル 障害児の学校選択―やっぱり地域の学校だ〈2005年版〉
五体不満足―完全版

参考資料
障害者の教育権を実現する会
「人権と教育 29号~40号」 社会評論社
光とともに1巻~6巻 
(リンクは1巻のみ)
ひとが否定されないルール
厚生労働省 「国際生活機能分類-国際障害分類改訂版-」
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2002/08/h0805-1.html

テーマ= - ジャンル=





| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。